老舗出会い系サイトワクワクメールの安全性と出会うためのポイント

マッチング実績は1000組以上と多く、約19年間も運営し続けている

ワクワクメールは2001年にリリースされ、現在では会員登録者数810万人の老舗出会い系サイトです。
割合としては男性6割、女性4割となっています。
また会員年齢層は20代から30代ですが、40代の会員も急増しているのです。
利用目的としては遊び相手や恋人・結婚相手探し、大人の出会いなど幅広いです。
その上マッチング実績は1000組以上と多く、約19年間も運営し続けている実績もあります。
登録時には年齢確認を行っており、18歳未満の女性は登録できません。
そのため健全にお付き合いできる年齢の男女しか登録していないのです。
更に公式サイトには「インターネット異性紹介事業届け出・認定済み」と記載があります。
これは出会い系やマッチングサービスでの出会いをサポートするサービスです。
この届出を受理されているということは、不適切発言の削除や年齢確認の義務などが義務付けられているということになります。
それに加え、公安委員会の監視を受けているため、少しでも不正があると逮捕されてしまうのです。
その結果ワクワクメールでは運営開始から個人情報の漏洩・法律違反が一度も起こっていません。
更にTRUSTeマークとJAPHICマークもサイトに掲載されています。
これは情報管理に力を入れていることを示しており、これら両方が掲載されているサイトはほとんどありません。
2018年8月からは通常の登録手続きに加え、「Facebook認証」と「セルフィー認証」を開始しました。
その中でもセルフィー認証とは、顔写真と顔写真付きの身分証明書を用いて本人確認を行うシステムのことです。

マッチング実績は1000組以上と多く、約19年間も運営し続けている | 24時間・365日監視パトロールを行っている | ワクワクメールでは「ポイント制」を採用しています